141211_admont_logo

アドモントフロアの仕上げに使用しているオイル&ワックスの塗料は、カルナバワックス、蜜蝋、亜麻仁油など、天然の原料をベースにしています。そのため自然な美しい艶を出すことができるとともに、クリーン&ケアやハイドロクリーナーなど専用のケア用品での定期的なお手入れをすることにより、フロアの美しさを永く保つことができます。

1.日常のお掃除、お手入れ(2~3ヶ月に一度)

専用の「クリーン&ケア」をご利用ください。

1. 使用する際、ぬるま湯で約50倍に希釈し、きれいな布やモップ等を浸し、固く絞り、フロアーの木目に沿って拭き掃除をします。※汚れの度合いに応じて濃度を調整して下さい(クリーン&ケアは、有害物質を含まない天然ワックスと石鹸成分の成分でできているため、塗布することにより、表面の汚れ落としと同時に、ワックスがけの効果が得られます。)
2. 約30分間乾燥させた後、タオルなど柔らかい布で、艶が出るまで磨きます。

2.フロア表面が乾燥している時のお手入れ(冬期床暖房使用後等)

専用の「メンテナンスオイル」をご利用ください。

1. フロア表面の埃等をきれいに取り除きます。
2. メンテナンスオイルを薄めず原液のまま、乾いた布などを用いて薄く塗り伸ばします。(スプレー式容器に移し変えてご使用いただくと均一に塗ることができます。)この際、オイルの塗りすぎはベタつきの原因となりますので、十分に注意して下さい。(目安は、1㎡に対し10~15cc程度。1本で約100㎡塗布できます。)
3. すぐに、乾いた布で余分なオイルを拭き取るように磨き上げます。この作業は、フロアー表面の磨耗を防ぎ、光沢を出す効果がありますので必ず行ってください。
4. 約24時間放置して完全に乾燥、硬化させますが、この間水気には十分にご注意ください。(乾燥時間はあくまで目安です。)
注) オイルの付着した布などはそのまま放置されますと自然発火する恐れがありますので、使用後は必ず水で湿らせてから処分して下さい。

3.床暖房使用時の注意点

※フロア表面温度が28℃を超えないように使用して下さい。
28℃を超えて使用されますと、過乾燥により割れや反りが生じる事があります。

・木は吸湿性があるため、室内の湿度に大きく左右されます。乾燥しすぎると、割れや反り等が生じることがあります。床暖房を使用される際は、特に乾燥しますので、加湿器などを用いて湿度を調整して下さい。
・床暖房使用時はフロアーの上にカーペットやじゅうたんを敷いたり、下面に隙間のない家具を直に置かないで下さい。これらは放熱を妨げ、部分的に温度の上昇が起こり、割れ、反り、ささくれ等の原因となる事があります。