倉庫を改装して住む

案件 倉庫を改装して住む
施工日 207年
施工内容 床:ボルドーパイン、構造下地:3層パネル
コメント
鉄骨倉庫をコンバーション(用途変更)した住宅のフロアにボルドーパインを採用いただきました。2階は48帖のワンフロアになっており迫力のあるLDKです。普通の木造住宅では構造的に難しいつくりですが、鉄骨造ならではの個性が生きているデザインになっています。ブラック塗装されたむき出しの鉄骨や構造合板が内装に多用されていて、全体的に無骨でワイルドな印象です。そこに合わせて使われているのが、フランスのボルドー地方で育った幅広(21mm)のボルドーパインです。木目が荒々しくラフなパインで、全体の内装にマッチしています。